今回ご案内する「小っちゃな革命の会」は、原田翔太が直接指導する唯一のインターネットマーケティングを軸にしたビジネス実践塾です。 今私が行っている活動の中で、フラッグシップコミュニティとして位置づけています。2014年秋から0期、1期と通算2期開催してきました。

その「革命の会」が、満を持してこの度、正式に2期目の募集を開始することになりました。

先にお伝えしておきますが、このオファーは、高額なものです。金額だけを見ると、かなり高額に感じられる方もおられるかもしれません。しかし、私が直接お手伝いをさせていただく場はここしかありませんから、人によっては、唯一無二の価値を受け取ることができるチャンスでもあります。また、「革命の会」は最大で15社(名)限定で濃密な支援をしていく特別なコミュニティです。希望者全員が参加できるわけではありませんが、この手紙をお読みになって「これはチャンスだ!」と感じられる方はぜひ応募してみてください。

最初に少し厳しいことを申し上げますが、「革命の会」はその名の通り、挑戦を厭わない起業家・経営者のための実践会です。自らに革命を起こし、周りも巻き込んで、これまででは想像もできなかったレベルで売り上げもあげて、大きくビジネスを飛躍させていく気概を持っている仲間たちが集う場所なのです。

ですので、はっきり申し上げまして、かなり前向きな姿勢で臨む必要のある地獄の半年間になります。その代わり、前のめりのスタンスで参加いただければ、必ず業績向上を実現し、今よりも一段階も二段階も進化を遂げられる・・・最高のトレーニング期間となることをお約束します。

ぜひ飛び込んでみたいという方からの挑戦をお待ちしています。すでにプロとして大きく稼いでいる方も、これから始めようと思っている素人同然の方でも歓迎します。

心の底から充実感のある、心が震えるような生きがいを感じつつ、気絶するくらい儲かるような生き方。そんな状況になるように私が直接、サポートしていきます。ズバリ、あなたの人生史上で、最も価値のある6ヶ月間になることをお約束します!

「小っちゃな革命の会」の半年間密着ドキュメンタリー 裏側公開

革命の会は、「オンリーワンにしてナンバーワン」を目指しています。私たちはそんな最強の領域のことを「絶対領域」と呼んでいます。これまで0期、1期と運営してきた中で、私の仲間たちが生み出してきた数々の「絶対領域」、或いは成功事例の一部をご紹介しましょう。

  • 誰にも師事していない孤高の写真家が、1ヶ月で100件以上の撮影仕事を受注!単月で独立系フォトグラファーとしては異例の500万円以上の売り上げを獲得!(写真撮影事業)
  • 今までの会社を一度清算し、新会社設立。女性起業家が始めた会員制コンテンツサービスは、会員300名以上に成長!コアなファンたちとの関係性構築に成功し、海外イベントも成功。(自己啓発関連事業)
  • 入会当時は月商20万円にも満たなかった「売れない整体院」が、月商100万円(売り上げ5倍)に!(整体院)
  • スピリチュアル業界においてとある分野のナンバーワン企業経営者が入会!長い取り組みの中で盲目になっていた視点を取り込み、あらゆる側面から現代にあった形にアップデート。長く停滞していた教材販売事業なども本格化し、会社としてのフェーズ2.0への転換を実現!(スピリチュアル関連事業)
  • 入会時にはまだ0だった「イメージ」を形にし、半年間で月商800万円を達成!フィットネス業界において圧倒的ポジショニングを確立し、文字どおり「絶対領域」ビジネスを作り上げた(フィットネス関連コンテンツ事業)
  • 脱サラ直後の元バーテンダーが始めたウェブ制作事業。ランディングページ制作に特化し、個人が行っているランディングページ制作サービスとしては日本一の実績を達成!現在は個人事業に関わらず、月商300万円以上のオーダーを引きも切らず受ける超人気のランディングページ制作業者として活躍(ウェブ制作事業)
  • ︎元手取り18万円の薄給激務の介護士にして友達のいない「ヒョロガリのび太」が筋トレを始めて逆襲開始!筋トレスタートからわずか半年でアメリカのボディビル大会にて優勝!カルフォルニア・マッスルビーチコンテンストチャンピオンに!トレーナー業を開始し、独立起業が実現!(トレーナー業)
  • ブランディングやマーケティングメッセージを調整したところ、メディア関係から引く手あまたの取材・提携・協業オファーを獲得。業界において圧倒的オンリーワン&ナンバーワンポジションを獲得。自身が主催するスクールビジネスも全くどこから着手していいか分からないような状況から、リニューアルし、毎回満席の活況!(洗濯教育事業)
  • 提携パートナーに裏切られ、クレーム・離反者多発。廃業寸前状態だったフランス語学校が、見事復活。オンライン上のフランス語学校として業界ナンバーワンの在校者数に。(語学教育事業)
  • プロモーター不在の無名状態だったプランナーが運営するスクール事業をプロデュース・プロモートしなおし、見事復活。全盛期に迫る受講生の獲得に成功。(コンテンツビジネス事業)
  • 物販業者としての実績を元に、個人の貿易物販ビジネス事業者たちをオーガナイズし、業界屈指の指に入る物販事業者ネットワークの構築に成功!売り上げも入会前の数倍に。現在日本における個人発の物販事業者としては日本の数本指に入るレベルへ成長を遂げた(物販業)
  • 旅行会社に勤める中年の「おばちゃん」が一年発起し起業!全くプランもあてもない状態から長野県に特化した旅行会社を創業し、現在では数ヶ月先の仕事まで埋まっている状態に。大手企業などからも仕事を受注する、ローカル旅行代理店として人気に!(旅行代理店)
  • 長年活動を続けていたが、ブランディングの方向性にブレと迷い。コアを再発掘し、コンセプトを調整しなおしたところ、短期間で購読者1万人を超える人気ポッドキャスターに。(セラピスト業)

いかがでしょうか?

実際にはこれ以上にたくさんのユニークで、唯一無二な成功事例が多々有ります。また、既存のどのビジネスモデルとも異なる類型不可能なユニークかつビジョナリーなモデルを実践されている起業家たちも多く参加しています。革命の会は、こういった「はみだしもの」たちが多く集ってきてくれるのが特徴です。なぜ、こういった多種多様な業種が、それぞれの分野で突き抜けた結果を出せるのか?

その秘密は、革命の会で教えている基礎ノウハウである「360°マーケティング」という手法にあります。

立体的にあらゆる角度から、成功確率を追い込んでいくため、短期的に、狙った成果を掴みに行けるのです。(誤解されるといけないので一応お伝えしておきますが、もちろん、頑張って実践した彼らの努力がまずなによりですが)

頑張っているのに、成果が出ない、徒労に終わる・・・というのは、精神的にきついものです。ですが「正しい努力」は正しく結果に結びつくものです。その頑張りを無駄にしないためにも、極めて精度の高い結果に直結する、アプローチを革命の会では伝授し、実践していっていただきます。

簡単ではあるのですが、イメージをお伝えしておきましょう。

革命の会では原田翔太の豊富な経験に基づき開発した「360°マーケティング」というマーケティングメソッドを軸にしたビジネス戦略の整理、見直し、再構築を行なっていきます。

ものすごく有機的で体系的なマーケティングセオリーのため、ここでその全てをお伝えすることはまず無理です。(一通りお伝えするだけでも、最低で3日間相当の研修が必要です。)

ここでは、その根幹をなす考え方についてお伝えさせてください。

360°マーケティングの根幹には、「3Cモデル」という考え方があります。この考え方に基づいて、あなたのビジネスを 一旦ゼロレベルまで分解して、再構築していくという試みを行います。

3Cモデルとは、ビジネスを「コア」、「コンセプト」、「コミュニケーション」という3つのレベル(段階)に既存のビジネスを分解して、あらゆる角度から、総点検を入れていくアプローチです。

この考え方は、整体でいうところの「背骨がズレている箇所を矯正する」というような考えに近いかと思います。・・・つまり、1つ決定的にずれてしまったボトルネックがあると、そこに連動するように他の箇所までガタガタになってしまう。気がつくと、全体が相当ずれていて、相互的に作用したとき「力」として機能にしくくなってしまっている。そういう状況が多々あるのです。

力というのは、相互作用で生まれているものであり、力学です。
ビジネスとは人の世のことに、相互性を見出し、そこを司る力学をコントロールする力です。

分かりやすく言うと、多くの人たちを引きつける力という力学。
引きつけて離さない力という力学。

そういうものの複合的なコンビネーションによって、「強いビジネス」というのができあがっていると言えます。

そこで、革命の会では、「コア」、「コンセプト」、「コミュニケーション」というビジネスにおける決定的な中核要素を3分類して、それぞれに注目します。

カントは「純粋理性批判」の中で、、”Thing in itself”という言葉で表現をしましたが、「本質」とは、そのもの自体の中に宿っていることが多いのです。経営における、最大の競争力の源泉も、すでに「そこにあるもの」なのです。裏を返せば、今あるリソース(競争資源)の中に、見出すしかないのです。

それなのに、多くの経営者は、それを外に求めがちです。

このように、ビジネスが儲からない・・・といったときには、どこかの段階で問題があることがほとんどだからです。この3つのうちのどこか、あるいは複数が綺麗に整っていないと、力を生めません。

つまり、どれだけ頑張ったとしても成果に結びつきにくい状態が続いてしまうのです。しかしながら、日本人というのは「真面目」が取り柄ですので、がむしゃらに力技でなんとかしようとします。特に、起業している方というのは並の人間に比べて何倍も頑張り屋さんですから、涙ぐましい努力と情熱をぶつけて、なんとか現状打破を試みます。しかし、やはり問題箇所の特定ができていない状態だと、当てずっぽうに空振りを繰り返してしまいます。

そうすると「また失敗した」という敗北感だけが蓄積されていくことになります。人はパターン認識の生き物ですから、うまくいかない「負け癖」がつき始めると「負けるのが当たり前」という良くない循環の奴隷になります。そのパターンを抜け出すことから始めなければいけません。

ですので、革命の会では、この3Cモデル(コア・コンセプト・コミュニケーション)という円環モデルの中でビジネスを捉え、一度現状のビジネスをこのモデルに基づいて分解していきます。そして、再度組み上げ、整えていくということを行います。

実例でお伝えしたほうがわかりやすいかもしれませんね・・・

私が過去に顧問として経営支援をさせていただいていたクライアントの事例を一つお話しましょう。

そのクライアントは、エステサロン経営者でした。

エステサロンが全盛だったのは1990年代〜2000年ごろ。このころはものすごくエステというのは儲かって、地方の田舎町でも、たいしたマーケティングもせずに、楽勝で集客ができたそうです。

文字通り「何もしないで」じゃかじゃかお客さんは集まり、 次々と高額(中には100万円単位)のエステコースを契約していく。たいした努力をしなくても高額な契約がバンバン決まる。そんな状況が続いていたそうです。

しかし、時は経ち2000年代も中盤に入ると、それまでの好調が嘘のようにパタリと客足が止まりました。時流の変化というのは、時流の良さに任せて急成長したビジネスにとっては、「死」を意味します。

彼女のエステサロンを待っていたのも、「死」でした。
積み上がったのは、前受金の山。つまり負債の山。

どういうことかというと、エステは先にお代をいただくので、サービス提供をそのあとにしなければいけません。売上が立たなくなってきているのに、店は開け続けなければいけないのです。そして、お客さんが全員きちんと消化をするまで、店をたたむのも非常に難しいのです。

だから、潰すに潰せず、途方にくれていました。
そんなある日、その会社の経営者(女性の方でした)から、原田のもとに一通のメールが。

「顧問契約を原田先生にお願いしたい。
今の状況を一度見に来ていただけないでしょうか!?」

とのこと。

そのメールからは、SOSシグナルが出ているのが明らかにわかりました。
緊急で、今すぐにでもという雰囲気が漂っていました。

そこで、いきなりメールで顧問契約というのは、かなり珍しい依頼のケースではあったのですが、
荷物をまとめ、すぐに愛媛は松山までフライト。

もちろん行く前に、あらかじめその会社のことは調べていました。社長は女性で、40代。しかし、さすがエステサロンの経営者。とても40代には見えない美しい方でした。「マダム」といった言葉にあう感じの、エレガントなプロフィール写真が掲載されていました。

しかし、松山空港まで私を迎えに来た初対面の彼女は・・・
ネットで見た写真とは全く違う雰囲気の方だったのです。

空港に降り立ち、ピックアップを待っていると後ろから

「原田せんせ!!!こちらです!!!!」

との声。

振り向くと、エステサロンの女子社長が明るい笑顔で立っていました。

彼女は、タンクトップにジーパン。車は、巨大なベンツの四駆車。なんともワイルド極まりないいでたちでした。笑 行きしなの道中、これから一緒にやっていくクライアントのことを知るためにいろいろヒアリングしていました。

エステ会社の社長:「趣味は、空手です。あと、戦国モノとか好きなんですよ!はははは!」

あっけらかんと語る彼女は、明らかにウェブで見た「イメージ」と異なっていたのでした。会議室につき、現在の経営状態を詳しく聞いているうちに、ピンときました。

原田:「社長、初対面で大変恐縮なのですが、一つお聞きしていいですか。社長は、エステとか、ぶっちゃけ興味ないでしょう?できれば、エステとかもう辞めたいと考えているんじゃありませんか?」

エステ会社の社長:「え・・・」

少しの沈黙のあと、彼女は切り出す。

エステ会社の社長: 「そうなんですよ!!・・・実は、そうなんです!!」

長くやっている間に彼女は、本物の美は内側からくること。そして、エステでは外側をいじることしかできず、本質的なアプローチになっていないというジレンマを感じていたそうです。彼女に、どういうことを実践してその美しさを保っているのかヒアリングしていくと、「酵素」を中心とした健康食品を積極的にとっていることが判明。

そこから、転換して、健康食品通販会社に方向転換。

なぜか?その会話の中にこそ、彼女(社長)が商売で表現していくべき「コア」があったからです。そして本人も、薄々感づいてはいたけど見ないようにしてきた「答え」だったからです。

そのコアとは何か?それは、外側(アウター)からではなく、内側(インナー)からの美と健康ということでした。ここに彼女の無限の興味と、情熱が溢れ出て、信念として彼女の中に眠っていた一番の要素だったのです。なぜこの結論(コア)をなかなか認められなかったかといえば、エステというビジネスが外側(アウター)に主にアプローチするものだからです。しかし、そこに幾ばくかの疑問を感じながら経営していても、強く世の中に発信できません。現に業績は年々右肩下りの状況になっていました。

そこで意を決して、会社は大きな方向転換をすることになりました。エステ店舗を大幅に縮小し、撤退することにし、代わりに社長自身が使って効果を感じる本当によい健康食品を中心とした美容系通販に取り組むことに。

商売のコアを取り戻したらもう早い。そして社長自身の根っからの明るい性格、自分が良いと思ったものは何時間でも語れるコミュニカティブさ。それが完全に良い方向にはまりました。

例えば、Twitterを始めてもらったのですが、開始から1ヶ月で愛媛県内でトップのフォロワー数を獲得。彼女だけではなく、彼女のビジネスパートナーにも同じ作戦で始めてもらったのですが、その方は県内2位。面白いことに、愛媛県の全twitterアカウントの中でトップ1、2位をわずか1ヶ月で独占することに成功。

そこから快進撃がはじまり、コンテンツマーケティングを軸に、短期間でエステ会社から健康食品通販会社として軌道に乗せることができました。(開始時は、ネットはほぼ使わないアナログな方達でした。)通常このようなパターンは、ものすごく難しいケースが多いのです。ネット素人に、ネットマーケティングを教えて、そこからビジネス立ち上げまでを指導するというのは手がけられたことがある方なら、どれだけ難しいかをご存知でしょう。

しかし、この会社は、「コア」にフォーカスすることにより、自分の強みを最大限引き出し、活用することで、競合他社をゴボウ抜きにして、短期間で県内屈指の顧客集客力を誇るマーケティング体制を築くことができたのです。

この3Cモデルというのはいわば「設計図」のようなものです。この3つのレイヤーを持つ円環モデルをベースに、マーケティングというものを設計していきます。

さらに、その3Cモデルと組み合わせて、独自に編み出した「360°マーケティング」というマーケティングモデルで、ビジネスモデルを組み上げていきます。

ご存知の通り、インターネットの世界の共通言語は「ダイレクトマーケティング」という手法が有名でしょう。私もダイレクトマーケティングを日本に持ち込んだ家元のような張本人からこの手法を学び、自身も実践しながら多くのクライアントをこのアプローチで成功に導いてきました。これは、少なくともこの10年間くらいは、ある意味最強の武器でした。

しかし、今ダイレクトマーケティングはある種の帰路に立たされています。なぜならば、みんなが当たり前のようにダイレクトマーケティングを理解し、使いこなすようになってきているからです。つまり、裏を返せば、みんながあまりにも当たり前のようにダイレクトマーケティングを使いこなしているわけなので、これを使いこなせるからといって根本的な差別化にはなりません。

そこで、さらに進化させた形として私は360°マーケティングモデルというものを提唱しています。ダイレクトマーケティングがカバーできる範囲をさらに拡張し、より立体的に魅力を広範囲に伝えつつ、ダイレクトマーケティングが得意とする成約率を極限まで高めるアプローチと融合させた最先端のマーケティングモデルです。

この手法を教えているのは、世界で革命の会だけです。

先ほどご紹介した先輩たちのように大きな成功事例となっていることからも、この手法がいかに強力な破壊力を持つかご理解いただけるでしょう。その成功の種明かしをすれば、彼らはいずれも、この「360°マーケティング」というアプローチを実践してきたのです。

言葉でいうとイメージがわきにくいかもしれませんが、ご安心ください。

百戦錬磨のプロである私、原田翔太がみなさんの伴走者としてご一緒します。それぞれの事業モデル、それぞれの状態、段階を細やかに、丁寧に寄り添い、必要な取り組みや視点を丁寧にファシリテートしていきます。

実際、ビジネスというのは十把一絡げには扱えない、個々性の高いものです。革命の会では、その一つ一つが完全に異なる多種多様な業界・業態の経営者たちのビジネスに対して、できる限り丁寧に1対1の対応で向き合って、支援していきます。

また、仲間達も同様に個々のビジネスの課題に向き合っている仲間ですから、彼らの実践や取り組みを横目で見られるというのも大きなメリットだと思います。「他人の問題と問題解決のプロセスは、実は自分にそのまま応用が可能」だからです。この集合知的な学びのアクセラレーター原理も駆使し、飛躍的・加速度的な成長、進化ができる環境を手に入れてください。

 

この会に入る人は、すでに年商数億円上げられている方もいれば、
今本当にスタートアップ段階で年商1000万もない方もいると思います。

いずれの状況にせよ、小っちゃな革命の会でのスタートは一緒です。
前提知識がある方にも、ない方にも、全てを1から丁寧に教えていきます。

革命の会で目指すのは、

「自分のビジネスで圧倒的に儲けること、(ライスワーク)
そしてビジネスを通じた社会/業界変革(ライフワーク)」

これらを両立した絶対的な事業領域の確立、そしてその絶対領域を生み出していくことです。

文字通り、目指すスケールは相当に大きいです。
こういうことをやろうとした時には、付け焼き刃的なノウハウでは太刀打ちできません。
必然的に、本格的な、タフな正攻法を教えていかなければいけません。

しかし、その分、半年間を終えたあとは、ぶっとい骨太なマーケティングやビジネスの土台ができるはずです。ストイックな学びですので、道中はかなり険しいものになると予想されますが、時代の流れに反さない、天地自然の理に反さない、最高の知恵を手に入れてください。そのような一生ものの学びを、この会ではご提供していきたいと考えています。

 

では、具体的に小っちゃな革命の会の内容をお話しします。

まず期間についてですが、小っちゃな革命の会は半年間の講座です。
第2期は、2016年11月~2016年4月までの6ヶ月間を受講期間とします。

この期間中に予定している主な内容は以下の通り。

基本的にはこんな感じです。
かなり近い距離で半年間を一緒に過ごす感じになります。

これだけだと、イメージしにくいと思いますので、半年間の大まかな流れをお伝えしますね。
半年間かけて、大まかに下記のような流れで進めていきます。

半年間の旅は、基礎理論となる原田の360°マーケティングを伝授するキックオフ合宿からスタートします。会場は東京から90分程度でアクセス可能なリゾート地のホテル。そこで、半年間の共通言語である基礎ノウハウをみっちり合宿の中でお伝えしていきます。また、座学だけではなく、特殊なアプローチのワークを実施。朝から夜までみっちりと一人一人のコアを掘り起こしていきます。参加者の多くが「この合宿だけで元を取れたと感じました!」と言ってくれています。

2ヶ月目は、極めて現実的でリアリストの視点から、売り上げを短期的に、あるいは瞬間的に増加させるためのノウハウを伝授していきます。原田が10年間以上のプロマーケター、コンサルタントとして数多くの案件を手がけてきた末の結論としてのノウハウですので、かなり「すぐにできて、すぐに効果が出る」施策ばかりです。誤解を恐れずに言うと「即効性が高い」アプローチを2ヶ月目に一度一通り教え込みます。革命の会では、「短期的に現状のビジネスのまま売り上げを大きく増加させる」ための施策と、「根本を疑い、大きく方向性を転換してさらに大きな成長を目指す」という二つのベクトルを共存させています。そもそも、現状の売り上げを上げないことには腰を据えて未来のことを考える余裕もないですし、かといって目先の売り上げばかりを追いかけていても未来を創り出すという大きな視点を見失ってしまうため、根本的な意味においての「未来づくり」はできないからです。私たちは「小っちゃな革命」を志向したビジョナリーな起業家・経営者たちの集まりですので、そのどちらも両輪として大切にしています。

ここで改めてもう一度、今のビジネス=「1.0」を「2.0」にするために必要な知識を伝授していきます。必要なのは「1.5」や「1.6」にマイナーアップデートするためのアプローチではありません。「2.0」へ飛躍的に次元シフトするような転換が、あなたのビジネスを根本から変える唯一の手段です。そこに3ヶ月目では着手していきます。よって、コアに基づき、自分のビジネスを一度ゼロベースまで解体し、そこからもう一度全てを瞬間的に組み上げ直すというリストラクティングを行います。(脱構築・再構築)伝家の宝刀である360°マーケティング理論をもとに、立体的な方位を捉え、スピード感のあるキャッシュインを可能にするマーケティングファネルを構築。そこに必要なマーケティングプランと、ツールづくりまで、全体が一望できるな展望を1日で手にいれることが目標です。 

この段階までくると、かなり実践も進んでいるはずです。(ここで紹介しているのはあくまで定例会の内容ですので、実際には講義だけでなく、日常的な進捗や相談をオンライン上のサポートサイトや、電話相談などで行っていきます。)そこで、4ヶ月目にはマーケティングツール(ツールというのはシステムやプログラムという意味ではなく、チラシ、ランディングページ、ホームページ、無料オファー、広告文などマーケティングを実行していくのに必要な「武器」を意味しています)を教えていきます。

また、4ヶ月目には、文字どおり「小っちゃな革命」を実践されている敏腕経営者をお招きしたゲスト講義を開催。普段はまず聞けないようなことまで含めて、少人数の表にでない勉強会だからこそ話せるレベルの解像度で、あけすけに細かいことまで教えてもらえる素晴らしい機会になるでしょう。業界や業種は違えど、他業界の突き抜けた革命的経営者の視点や、取り組みというのはそのままご自身の取り組みにシフトさせて当てはめてみたときに、業界を一瞬で塗り替える強烈なアプローチになることがあります。少し変化球的な学びの機会として、ぜひゲスト講義も楽しみにしていてください。

ゲスト講師は、0期目では不動産業界の革命家・スマサガ不動産の城戸社長。
1期目では、士業界の老舗&リーディングカンパニーであるパワーコンテンツジャパンの横須賀社長をお迎えしました。お二人とも業界においては超有名人。まず同業他社には明かせないようなことまであけすけにみっちりと教えてくださいました。(お金をいくら払っても、公の場ではまず聞けないような話ですので、これだけでも相当な価値がありますよ。革命の会というクローズドにしてエクスクルーシブな環境だからこそ聞ける話です。)

今回も、業界を牽引する前衛的でユニークで唯一無二のビジネスモデルを持つ先輩経営者をお招きして、その商売の秘訣の裏の裏まで公開していただく予定になっています。どうぞご期待ください。

手元にあるリソース(資源)を生かして、どのようにそれらをプロモーション/マーケティングの具体的施策として使いこなしていけば良いか?有料/無料の様々なプロモーション/集客手法を伝授すると共に、効率がよく、インパクトの大きい最新のアプローチなども教えていきます。ここで重要なのは、「少し売り上げがあがる」といった改善レベルのアプローチではなく(そういった方法は2ヶ月目にまとめて教えます。)この段階においてみなさんが目指していただきたいのは、圧倒的「絶対領域」の確立であり、そのための戦略・戦術を手に入れていただくこと。つまり、短期的にライバルをゴボウ抜きにして、絶対的なポジションを確立するための超立体的な戦略・戦術を教え込みます。とはいえ、実施できなければ意味がありませんので、それぞれの受講者の身の丈にあった極めて現実的なプランにまで落とし込み、実施して行っていただくのが5ヶ月目の目標です。

それぞれの半年間の歩みを総括し、半年間で教えてきたことを総括していきます。あくまで軸は革命の会のベースノウハウである「360°マーケティング」であり、それを個々のビジネスモデルの中でどのように実践して成果をつかんでいくかということです。会期の締めとして、各々の計画を共有していただき、原田が個別にフィードバックをおこない、さらなるビジネスの成長・発展のために必要な視点を補っていきます。

さらに・・・

革命の会は、徹底的に参加される会員さんをサポートしていきます。
今お伝えした毎月の定例セミナーだけではありません。

実際には毎月の定例会の間にオンライン(スカイプ、サポートサイト)などでの相談やアドバイスをしながら進めていきます。その他にも課外授業として別途集まりを開いたり、一般向けのセミナー開催時にご招待したりなどもありますので、かなり濃密な半年間になります。(課外授業などがあるさいも、別料金などかかりませんのでご安心ください。)

毎月、原田に直接相談していただけるような体制を作っていますし、受講期間中は24時間180日間いつでも原田に気軽に相談したり、アドバイスや、フィードバックをもらえるような体制を作ってみなさんの挑戦を支援していきます。

その他にも、下記のような10の特典で強力にバックアップしていきます。
革命の会の会員は、以下の全ての特典を利用していただくことができます。

小っちゃな革命の会では毎月、参加者に直接コンサルティングを行います。ここでは、あなたが抱えている問題や、課題に対して直接的に原田がコンサルタントとして介入し、解決に導いていきます。通常は1回2時間あたり15万円の費用がかかる原田コンサルティングですが、小っちゃな革命の会の会期中は何度受けても一切追加費用はかかりません。ここぞとばかりに使い倒してください。(コンサルを受けたことがないという方もご安心ください。どういうことが相談できるか?どういう風に活用してもらえばいいか?というガイダンスを行います。経験がない方は基本的に原田からリードしてセッションを行いますので、プロのコンサルティングをあるがままに体験してみてください。きっと「人と話すこと」の常識が覆るほどの、素晴らしく意義深い時間になると思います。

「小っちゃな革命の会」専用のオンラインサポートフォーラムをご用意します。(今期は、0-1期と同じく利用率の高いfacebookを利用予定)

そこでは、最短即日、その場で原田が会員さんの質問や相談に回答をしていきます。半年間の間に積み上がった、解決された問題や、超えてきた壁を振り返ったとき、あなたは自分が着実に進化し、前に進んだことを感じるはずです。オンラインならではのURLベースのやりとりなど、書き文字コミュニケーションならではのサポートなども行います。

デイリーな悩みや課題解決は、ほぼ即日でこのサポートフォーラムで解決できますので、どんどん活用して、前進していってもらえれば幸いです。

ちなみに回数無制限で、何度質問&相談していただいても構いません。過去の受講生の例を見ますと、サポートフォーラムを徹底的に活用した方ほど、短期的に成長を遂げていますので、ガシガシ使い倒していただければ幸いです。

この案内には記載していない特別レッスンとして、革命の会のメンバーには有料で一般公開するセミナーへ特別に無料でご招待をする場合があります。実際過去に運営したコミュニティでは、そういった記載外のレッスンを何本も行ってきました。 これはプラスアルファの部分なのでどういったものを提供するかはお約束できませんが、きっと思いがけない特別授業が提供されるはずです。

基本的に、そういった「特別授業」が開催される際は、革命の会の会員さんは無料招待させていただきます。実際に0期のときは、Yoshikiや、中田英寿、白鵬関などスポーツ/アート関連の国内トッププレイヤーたちのルポを手がけた日本一のルポライター、作家・小松成美氏をお招きして、門外不出の究極の文章術セミナー、原田からも6年ぶりのコピーライティング単独講義を開催しました。一般参加の場合10万円相当のスペシャル講義でしたが、革命の会の会員はもちろん無料。

色々と会員になることで受けられる付帯サービスは色々あります。あらゆる原田の関わるコミュニティの中で最も優遇されるのが「小っちゃな革命の会」の会員なのです。

もちろん、今期も特別授業を計画していますので、どうぞお楽しみに!

不定期で課外授業も行うのが革命の会です。具体的な内容はそのときになってのお楽しみですが、まず何かしらやると思います。

テーマにしているのは「異世界と握手」。日常では出会うことのない体験や経験をすることで、新たな視座、感覚を手に入れるということが、新しきを生み出す起業家・経営者には大切です。

過去に私が行なってきた課外授業の一例を参考までにご紹介すると・・・例えば京都の一見さんお断りの「お座敷」へVIP待遇で希望者全員を連れて行った事もありますし、神戸湾をクルージングしたり、神道における総本山的な存在である「伊勢神宮」を参拝してみたり、北海道へみんなで行ったり、ハワイまで飛んでホノルルマラソンを走ったり、真冬の野沢温泉の雪山へ行ってスキーをして遊んだり、はてはライブを開催してライブスタッフ体験をしてもらったり・・・これまで運営してきたコミュニティでは、受講生と共に、本当に数えきれないくらい課外授業をしてきました。

この会でも、定例会以外にも集まれる機会を作ろうと思っています。もちろん、実際の参加は希望者だけでOKです。強制はしませんし、参加しないからといって仲間はずれにされるということもりません。ですが、「そういった遊びは別にいいや・・・」と普段思っている人でも、是非参加してみてください。オンのときとは全く違う距離感、雰囲気の中で新しいインスピレーションや、気づきがたくさんあるはずです!あくまで「課外授業」ですので、何をやるか?いつやるか?などは全てそのとき次第ですが、きっと今回もスペシャルな課外授業があるはず!

ちなみに、0期のときは、「花燃ゆ」の舞台。山口県は萩に革命の会の仲間たちで足を運び、合宿セミナー形式+萩市観光を楽しみました。1期のときは、青森に赴き、温泉につかりつつ、近代日本経済の父・渋沢英一の旧宅を見学するなどをしてきました。

革命の会ということで、現代日本の礎を築いた明治維新という革命の爪痕をこの目で直に確かめよう!という「大人の」修学旅行です。もちろん今期も、印象的なイベントを開催したいと考えています。 どうぞご期待ください。

「仲間作り」は、あまり知られていませんが、マーケティング&ビジネス成功のための隠れ重要コンセプトです。革命は、仲間なしに達成されることはありません。ビジネスも同じです。基本的に従業員も、顧客も広義において「仲間」という視点で見れるかどうかというのが、案外に重要な視点なのです。小っちゃな革命の会でも、参加者同士を、同じ変革を指向する同士=仲間ですので、お互いの距離を縮められるよう「会員名簿」を同じ会期の仲間と共有します。一緒に手を取りたい仲間を見つけたり、同窓会名簿的にこの場を共有した仲間たちの闘いを共有していきましょう。

実際に0期では、集まった経営者たちの中で提携や協業が決まったり、ビジネスパートナー的な立ち位置で活動することが決まった仲間たちもいます。経営資源の中で一番難しいのが、「人」。しかし、同じ志、言語をこの会で共有した仲間たちならば、いとも簡単に手を取り合うことができるのです。

毎月グループコンサルティングは行いますが、全員をケアできる訳ではありません。そこで、毎月、定期的にスカイプコンサルティングができる日を設けます。この日に希望者は全員原田とのコンサルティングセッションを受けることができます。うまく活用すれば何度も相談ができますので、是非使い倒してください。

*スカイプコンサルティングは受けたくない、受ける必要がないと感じる場合、強制ではありませんので利用しないということもできます。その点は、ご自身のビジネス/プロジェクトの進捗にお任せしています。

原田自身も、コンサルタントであると同時に「小っちゃな革命」を起こすために活動しているいち起業家でもあります。原田自身が取り組んでいる最新の事例や、そこで得られた結果や数字などを含めた情報を会員には特別に公開していきます。この会以外で、原田の最新事例の詳細まで聞ける機会はありません。例えば、お金のことから、売り上げまで、包み隠さず、ライブワークの実態がどのようなものか?どうやって仕掛けて、どうやって成功させていくのか?なども全てお見せしていきます。この事例シェアは、小っちゃな革命の会生だけの特権です。

ときとは全く違う距離感、雰囲気の中で新しいインスピレーションや、気づきがたくさんあるはずです!)あくまで「課外授業」ですので、何をやるか?いつやるか?などは全てそのとき次第ですが、きっと今回もスペシャルな課外授業があるはず!

全く的外れな情報を得ても、ロスにしかなりません。正しく進むためには正しいリソースに触れることが近道です。原田がオススメできる情報リソースを適宜紹介していきます。

ときとは全く違う距離感、雰囲気の中で新しいインスピレーションや、気づきがたくさんあるはずです!)あくまで「課外授業」ですので、何をやるか?いつやるか?などは全てそのとき次第ですが、きっと今回もスペシャルな課外授業があるはず!

協力会社や、外部業者の活用が欠かせません。多種多様なビジネスを見てきた原田だからこそ知っている「この分野ならこの会社がおすすめ!」という、無敵の外部チームを作るための情報も、会員さんの要望に合わせて紹介させていただきます。例えば、映像やWeb、音源、コピー、デザイン、システムエンジニアなどの制作系の会社/個人から、配送代行、倉庫会社、プレス会社などのバックヤードまわりの協力会社など、あなたのビジネスを今よりもパワフルに回すために原田がおすすめの業者をご紹介させていただきます。

間違ったツールを選択すると、それだけ信用を失ったり、効率が悪くなったりします。原田自身がおすすめできるツール類を会員にはシェアしてきます。ビジネスシステムの選択は「何気なくするもの」ではなく、徹底的に吟味してベストプラクティスへたどり着くべきものです。少なくとも10年間はウェブ業界に関わってきて、数多くの有識者や専門家とのネットワークを持つ原田が出した最適解を小っちゃな革命の会の会員さんには全て共有しますので、この点で迷うことはもうなくなるはずです。紹介するツールのちょっとした使いこなし術も合わせてお伝えしますね!

・・・と、以上が「小っちゃな革命の会」でみなさんが受けられるサービスの全体像です。
実際には、ここに書かれている以上のことも多いでしょう。

革命の会へ参加するということは、現実を切り開き、未来を生み出す武器を手に入れるための、総合環境を手に入れるということなのです。

原田が全力で、支援します。

私は、ご存知ない方もいるかもしれませんが、そもそもコンサルタントとして活動していました。20代前半の頃は、日本で一番活躍している20代のマーケティングコンサルタントだったと思います。

実際、これまであらゆる業種のクライアントたちを支援してきました。例えば、みなさんに近いであろうところで言うと、ネットビジネスで現在大活躍しているスターたち(名前は個々個人のこともあるのでここでは控えますが)も、スタートアップ期に私のところへお忍びでコンサルを受けにきたりしていました。名前を出すと驚くと思いますが、実際かなりの「今のスター」たちの起業前夜みたいな時代を数多くサポートしています。

法人クライアントも豊富です。ベストセラーを大量に生み出している「サンマーク出版」や、日本最強の営業会社「光通信」、AVビデオメーカーの雄「ソフトオンデマンド」、若い女の子に絶大な人気を誇る「フォリフォリ」などなどなど・・・日本を代表する有名な会社にも、過去に、顧問やマーケティングやプロモーションのアドバイス・コンサルティングをしてきました。

他にも面白いところでは、女性向けのエッチグッズを売る日本一の某社にも集客アドバイスなどをしたり、すでにご紹介したとおり地方エステチェーンの顧問として、エステ関連では日本一のツイッターアカウントを構築したり・・・

とにかく、大規模な企業からニッチな分野のマイクロカンパニーまで、実践事例には話題がつきません。この分野でこれだけの実績があるネットマーケターは日本広しといえど、私くらいなものでしょう。ここは、本当に得意分野だと思います。

そんな感じですし、他にも、中小企業から、数名規模の小さな会社まで・・・さらに、最近では、とある国会議員からも呼ばれ、選挙向けにマーケティングプランを立案してほしいという以来も受けたり。
書き連ねるときりがないくらい、あらゆる業界を見てきました。

だから、その点は安心してください。断言しますが、私が貢献できないビジネスはありません。
実際に、手がけてきた年商100億を越える大企業から、ゼロスタートの個人まで過去に豊富な実績や実例をもとに、あなたにとって最適な実践のためのアドバイスをさせていただきます。

革命の会の自慢の一つは、そこに集う仲間たち。何よりもこれが最高の自慢です。
審査制であることも1つの理由ですが、意識の高く、性格のいい仲間たちばかりです。
業種も業態も、あえてしぼりこまず全方位で対応する経営者実践会だからこそ、想定外の出会いや、発見、他業界の知恵や見識、それぞれの経営者の悩みや、その解決の現場を現在進行形で見られるというのは、実は計り知れない価値があります。

それぞれの仲間たちが持っている夢もビジョンも、未来への展望も千差万別ですが、一つ共有して言えるのは「革命」という「今を動かす」ことに対して人一倍情熱を燃やしている熱い仲間たちだということ。そして、そんな仲間たちと、それぞれが色とりどりの個性を花開かせていく時間を共有できるというのは、かけがえのない一生涯の財産となるでしょう。

実際に革命の会は、会期が終わった後も、連絡を取り合ったり、仕事を依頼しあったり、何がなくともつながっていられるような関係が続いています。

革命の会の名の下集ってくる受講生たちは、仲間です。彼らの培ってきたプロフェッショナルとしての経験やスキル、人的なネットワークまで含めて、私たちの「革命」を推進するための資産として活用できるということでもあります。困った時は相談できるし、無駄に甘やかさない。本気の仲間とだからこそできる、本質的な会話、関係性というものは本当に素晴らしいです。

これが、何よりの自慢です。あなたも、私たちの仲間のネットワークにぜひ加わってほしいです。
本物志向だからこそ、本物たちとの時間が何より楽しいし、貴重だと思うのです。

実際の会員の事例を紹介します。
(ビデオでも紹介している人たちを、私なりに紹介していきますね。)

まずは、小堀さん。小堀さんの名前はご存知かもしれません。マーケティング界では、コピーライターとして名の知れた方です。

革命の会に入会をされた時点では、彼はまだ闇の中にいました。

ご存知の通り、現在は「プロダクトローンチ」という手法が流行。猫も杓子も「プロダクトローンチ」を仕掛け、品質の低い、劣悪な情報コンテンツが毎日のように高額で押し売りされているような状況があります。

小堀さんもまた、そのようなプロダクトローンチを仕掛けるプロモーションチームを率いていました。しかし、本来の小堀さんというのは義に厚く、情深く、愛に溢れた「漢」。

心の中に、どこかずっと引っかかるものを感じつつ、自らの書くコピーで巨額の売り上げがあがるという部分と、自分が本当に生み出したい価値とのギャップに、常にジレンマを抱えていたそうです。

その焦燥感は、革命の会で一瞬で払拭されました。

今でも覚えているのですが、初回の合宿のとき、小堀さんは初日がどうしても他の仕事があり出席できなかったので、二日目から参加されました。

二日目の講義の中盤。休憩時間中に、「原田さん!もう俺、閃きました。原田さんがセミナー中に何気なく言った一言で、すべて分かった気がしました。完全にこれだけで元をとった気分です!ありがとうございます!」
そこから小堀さんは、ペンディングをかけていたあるプロジェクトの再始動に着手。

プロジェクト開始から3ヶ月後には、売り上げ200万を達成。

現在は売り上げは700万ペースに。さらには大手メディアとのタイアップや、世界的なブランド(ご迷惑がかかるのでここには具体名はあげれないのですが、聞いたら驚くような相手です)との協業も決定。

しかも凄いのは、このビジネスモデルは、小堀さんが得意だった「コピーライティング」をこれまでの1割も使わないで実現しているのです。

彼は自らの得意技をあえて封印し、最も太い精神性を解放することにより「武器」のみに頼っていた時代よりも、はるかにストレスなく、自らの信念に忠実に、しかも全身全霊をかけて取り組める経営スタイルを手に入れました。

革命の会0期が終わった後のある日、小堀さんから一通のメールが届きました。「原田さんに私たちのビジネスをもっと深く、見て欲しい。一緒にやってくれないか?」という内容でした。結果、現在私は、小堀さんの手がけるビジネスの顧問として共に活動をする関係になりました。

唯一無二のビジネスモデルで、完全に美しい芸術のような仕組みで構成されています。

0期、1期と2期連続で革命の会に参加してくれた織田さんの事例です。織田さんは、なんと革命の会が始まった0期の入会直前に、最重要パートナーが離反。1000名以上(フランス語オンラインスクールとしては日本最大数の会員規模)もいた会員の多くがその一件で求心力を失い、離反。

コミュニティ(フランス語学校)は活動休止寸前にまで追い込まれました。

あまりの絶望具合に、「これはもう何もする気が起きない。何をしても無駄だ・・・」と、革命の会への入会も一度は躊躇したそうですが、「もしかしたら・・・もしかしたら・・・」という気持ちが捨てきれず、入会されました。

藁をもすがる思いだったと思います。

しかし、入会後、会の仲間たちからのアドバイスや、戦う姿に触発され再起を決意。

現在は見事V字回復を果たし、 ネット上のフランス語学校としては日本一の生徒数を誇る規模へと回復。

崩壊以前のときよりも、誰にも遠慮することなく、魂を売らずに、より理想的な形で運営ができるようになったと明るい顔で語ってくれています。

「自分の中の革命家としての魂や、誇りを忘れてかけていた。
それを、取り戻せたような気がしています。」

織田さんが、切々とした痛みを抱えながらも、
人生最大のピンチを乗り切って、そう力強く語ってくれたとき、
私も仲間たちも、胸の中に、込み上げてくるものがありました。

さらに、「新規事業に躊躇なく突入していくための軸足を革命の会で整えることができた」と織田さんは語ってくれました。

現在は、本業であるフランス語オンラインスクールの運営だけではなく、プロデューサーとしての頭角も表し、現在、数々の実力者たちのコンテンツビジネスのプロモーターとしてもご活躍されています。
原田とも、共闘を誓い、遠くない未来に一緒に取り組みをすることを約束しました。

次の事例は、とてもよく似ています。
お2人とも、整体院経営をされているのですが、

どちらも創業して1年未満。

売り上げは、どちらも「生きていくのにギリギリ」くらいの売り上げ。
*一応食べていけるレベル。

実はこのくらいの売り上げ規模が一番やっかいなのです。

なぜか?

生きていけるから、特に現状維持でも問題ないと感じてしまうわけですね。

サラリーマンならば、それでもいいでしょう。「生活費を稼ぐ」という感覚でいくと、死活問題レベルではないので、それほど切迫性がある状況に感じられなくても不思議ではありません。

しかし、起業家にとって「現状維持」は死を意味します。創業1年だろうが、経営者は経営者です。自分の信じる「正しさ」を全力で世の中に向けて放ち、その価値を価値だと感じてくれるお客さまを見つけていかなければ、意味がありません。経営者にとって「現状維持」というのは、存在価値がないに等しいのです。

0期で参加されたお二人の整体院院長たちは、まさにそんな状況でした。

アドバイス開始から、「革命のプラン」を練り、
半年の間にお二人とも売り上げを2.5倍近くに伸ばすことに成功しました。

街中を見渡せばたくさんの整体院が目につく通り、
この業界は、競合たちがそこかしこにひしめく競争の激しい状況があります。

そんな中で、名もなき20代の若い院長率いる整体院が、わずか半年のあいだに売り上げを2.5倍にしたという事実は、驚異的です。

彼は、今や多くのマーケターたちから名指しで指名を受ける人気ウェブデザイナーです。

しかし、この会に入会する一年前は、まだサラリーマンでした。
そのときの職業は、なんと「ビール屋の店長」。原宿にあるとある有名な外国産ビール専門店で、お酒を出して、夜遅くまで酔っ払いたちの相手をしていたのです。

そんな生活に終止符を打ったのは、原田が提供していた通信制のマーケティング教材に触れたことがきっかけだったそうです。

そして、私が提唱していた「マーケティングデザイン」というコンセプトに強く共感し、この分野を極めてみたいと思うようになり、独学でWebデザインを習得。

独立した月に、前職での給料や、副業(デザインの請負など)で貯めてきた貯金を叩き、原田が開催した沖縄でのコンサル形式の合宿に突撃。そこから、片岡さんと私の取り組みは始まりました。

そこからさらに半年。革命の会の募集をしたとき、まっさきに飛び込んできてくれたのが片岡さんでした。沖縄での初対面から半年。頑張った月に、一度だけ売り上げが100万円を超えたそうです。

ですが、それは一時のピーク。

デザイン業界というのは、現在単価は落ちに落ちています。

ご存知のとおり、「クラウドソーシング」と呼ばれるサービス(クラウドワークスやランサーズなど)が数年前に登場しました。格安で全国の経験豊富なデザイナーたちがこぞって仕事をしたいと手をあげてくれるプラットフォームが存在する中で、なかなか新人の駆け出しデザイナーが高い単価で、数多く仕事を取れるわけがありません。

革命の会に入会してから、片岡さんには徹底的に「コア」と向かい、デザイナーとして打ち出す「コンセプト」を強化するために取り組みを始めました。

結果、月商は毎月100万円を超えるように。マーケティング界の著名人たちからこぞって「片岡さんに頼みたい」という依頼が舞い込むように。現在毎日のように締め切りに追われるような日々が続いています。

ちなみに、このページも、片岡さんに私が依頼して作ってもらったものです。
私は片岡さんのマーケティングの先生ですが、片岡さんは私の頼れるデザインパートナーでもあるのです。

 

■第0期会員の声■


■第1期会員の声■

ちょっと動画は見きれないという方が多いと思います。これでも一部の会員さんの声なのですが、参考までに、「革命の会に入ってよかったこと」をアンケートをとったところ、下記のような声が多かったのでご紹介しておきます。

とにかく圧倒的な経験に裏打ちされたシンプルで強力なメソッドが本当に役に立ったと評価されています。しかも体系的に徹底的に教えていくのは革命の会だけです。オープニング合宿の2日間だけで「これだけでもう元をとりました」という受講生も多数。会期中には、全6回の豊富な実例、実践を元に緻密に設計された講義があります。業種業態、規模を問わずすぐに現場で使うことができる有機的で実用的な学びの連続をお約束します。

すでにご紹介したとおり、過去事例多数。受講期間中に大きな成果をあげたり、卒業直後から大躍進が始まるなど、多くの受講生が急速な成長を遂げています!特に今回の2期では「即効性」も重視した指導をカリキュラムに組み込んで行なっていきますので、これまで以上に短期間のうちに大きな成果をあげやすくなることでしょう。

革命の会の会員は、全員がそれぞれの分野において革新的な取り組みを行い、これまでに類を見ないユニークでパワフルな事業を展開する「革命家」たちです。革命の会のメンバーになるということは、全国の革命家たちのネットワークとつながれるということを意味します。東京、大阪、福岡、広島、仙台、沖縄など全国津々浦々。年齢も20代前半から60代までと幅広く在籍しています。

これまで数々の著名セミナー講師や経営コンサルタントたちのビジネスセミナーを受けてきた目の肥えた起業家・経営者たちが口を揃えて「革命の会は圧倒的だった。最高の半年間でこれ以上の場所はないなと思いました」と言ってくださっています。単なる講師-受講生という関係ではなく、「仲間」として位置づけ、徹底的に関わっていくスタイルがその評判の理由のようです。

革命の会は、座学の「勉強会」ではありません。実際に自らのプロジェクトに全身全霊をかけて取り組む行動する経営者たちが集まる実践会です。既存の「塾」や「コンサルサービス」のほとんどが、理論やノウハウを学ぶだけに終始しがちですが、革命の会ではそれはありえません。必ず実践とセットで取り組んでいただけるよう、「具体的にどうしたらよいか?」というレベルにまで落とし込んで、徹底的にサポートをしていきます。


スケジュールについて下記を予定しています。

第1回目=11月23、24日(水、木) キックオフ合宿 @東京近郊リゾート地
第2回目=12月14(水)
第3回目=1月11日(水)
第4回目=2月15日(水) 
第5回目=3月22日(水)
第6回目=4月12日(水) +MORE

*日程は変更する可能性があります。
*時間はおよそ13時スタート、20時終わり目安です。
*会場は基本的には都内を中心に開催します。回によっては地方主要都市で行う場合もあります。

この会では、いっぺんに、あまり多くの人のお手伝いをすることができません。

今回の革命の会も、募集人数は最大で15社(名)です。

なぜ定員を設けているかというと、丁寧に一人一人の課題に向き合おうとした時、これ以上の人数を受け入れることは、原理的に、物理的に不可能だからです。

確かに、儲けのみを重視すれば、無制限で受け入れて1000人だとかを上限にしてDVDを送りつけるだけの通信型の「塾」(?)にもできますが、それをしたくないのです。それをしては意味がないなと考えています。

なぜならば、この革命の会というコミュニティは、同時に私にとってのライフワーク(生きがい)でもあるからです。私の魂が、それをよしとしないのです。

だから、全員をきちんと見れる範囲で、ごくごく小さいコミュニティではありますが、密度の濃いチームを作っていきたいと考えています。そのため第2期では、最大で15社(名)までを受け入れようと考えています。

参加される方は、特権的に、私の主催するあらゆる勉強会の中で最も優先度の高い会員となります。最上位のコミュニティにいるのだという自負とともに、頑張ってご自身のビジネスを前へ進めていただけたら幸いです。

さて、気になる参加費ですが・・・発表します。

当初は100万円程度が妥当だろうと考えていましたが、今期の小ちゃな革命の会の受講費用は、
75万円(税別)とさせていただきました。(プラス、革命の会は入会金として5万円をいただいています。)

高いと感じるかもしれませんが、セミ顧問状態であなたのビジネスをご支援させていただきますので、そう考えると決して高い額ではないと思います。

私は、一応公開しているコンサルティング料金で30万円〜/月でさらに成果報酬をプラスして顧問をお承けしていました。年間ですと最低でも360万円の投資が必要になります。半年で顧問契約打ち切りになるコンサルタントが多い中、私はどの業界のクライアントでも平均して1年半以上の契約を頂いていました。つまり、それだけ対価に見合った結果をだしてきたということでもあります。

そう考えると、この受講費用を月額換算すると約12万円ですので、かなりお得に原田をコンサルタントとして隣におき、活用していただけるということになります。

顧問制度でやっていたときは基本的に毎月2時間程度の訪問面談と、好きなときに電話やメールなどで相談していただけるという形式をとっていました。単純比較はできない問題かもしれませんが、小ちゃな革命の会のほうがより多くの時間を使っていただけるのです。

なお、開講は11月の23日〜となります。

お振込期限は審査合格通知が届いた日から3日以内です。
*審査合格後のキャンセルはできません。ご注意下さい。

その日以降は、正規受講料となりますので、ご了承ください。
決済方法については、銀行振込、もしくはクレジットカードでの決済が可能です。

カード決済の場合は、分割でのお支払いも可能です。最大6分割までの分割が可能です。(ただし決済手数料等をご負担いただきます)

決済方法は、

1、銀行振込(一括)
2、クレジットカード(一括)
3、クレジットカード(分割)

の3種類の支払い方法から選べます。お好きな方法を選択してください。

申し込みの受付は2016年11月10日までです

ただし、ひとつだけお断りしておきます。革命の会は、お金を払えば 誰でも参加できるわけではありません。以下の参加条件を 満たしていなければご参加いただけません。

  • ビジネスにおいて誇りを持って正直で誠実な姿勢で取り組んでいる方
  • 当会の指導において嘘をつかないこと、ごまかさないこと、投げ出さないこと
  • この会で学んだことに対して、主体的に考え実践できる行動力があること
  • 参加される他メンバーに対してリスペクトを持った姿勢で臨めること
  • ご注意!甘い「麻薬」や「リップサービス」は提供されません

ここまで、この案内をご覧いただいている方は、かなりやる気がある方でしょうから心配はないのですが、上記の項目に当てはまっていないか確認してください。

・・・一応、1つずつ確認しておきましょうか。

人に言えないようなビジネス、人を欺くようなビジネスをやられている方は、私ではお手伝いができないと思います。また他の小っちゃな革命の会メンバーにとっても、よい影響を与えるものではないため、参加をお断りします。 どのような審査基準になるか?ですが、例えば世間一般であまり良いイメージがない業界であったとしても取り組まれているご本人の意思や想いのような部分は尊重したいと思っています。

「革命」が当会のテーマですので、大きく業界の意識自体を引き上げるような取り組みを画策されているのであれば、それは歓迎すべきものだと考えています。線引きが難しい部分ではありますが、ご自身が誤解を生みそうだなと感じる業界に携われている場合、まずは、その想いの丈を審査時にどうぞ忌憚なくぶつけてみてください。

*あくまで一例ですが、例えば「大麻を合法化して大麻の通信販売を行いたい!」といったような国の法改正を伴わねば、現実的に展開が不可能であり、現行法において違法性が極めて高い活動に従事されているような場合、私ではお力になれないと思います。こういう場合は想いのいかんを問わず、お断りせざるをえません。予めご了承下さいね。

私を含め、プロのコンサルタントというのは、たいがいのクライアントの発言の中にある嘘は経験上見抜いてしまうものです。それは、腕の良いお医者さんが患者を見るだけでどこが悪いのかたいていの検討がつく感覚と近いものです。

「あ、この人、いまごまかしたな・・・」というのは簡単に分かります。人間ですのでアウトプットに心理的抵抗がある場合、思わず思ってもいないことを言ってしまう場合もあるのは事実ですので、もちろんそれ自体を攻めるつもりはありません。この講座では、「ウソ」は通用しません。建前の会話ほど無意味な時間ってないですよね。

自分のやりたいことを、本音ベースで、作り上げていかなければいけないので、上っ面だけで関わることはできません。本音で会話ができる人しか受け入れませんのでその点はあらかじめ覚悟して下さい。そういう「嘘」や「建前」でしか会話をしないコミュニティが大半ですが、原田の主宰するコミュニティの唯一の共通言語は「本音」です。僕は人間が好きなので、あなたという人間をごまかすような人とは一緒に戦えないのです。その本音に本気な人たちだけに力をお貸ししたいと考えています。その点だけ、どうか理解しておいてください。

その前提のもとであれば、あなたがどんなビジネスをしていても/しようと思っていてもOKです。ただ、高額な受講料をお支払いいただくわけですから、私としても最大限参加される方の力になりたいと考えています。ですので、参加いただく以上は私を並走者として使い倒してください。嘘をつかれては、アドバイスの精度が全くずれてしまいますから、どうぞ正直な態度で参加してくださいね。

どんな素晴らしい戦略やテクニックも、どんなアドバイスも、ご本人の主体的な思考や実践がなければ、全く結果には結びつきません。小っちゃな革命の会は、実践する人たちの良き学び場でありたいと考えています。

例えば、他メンバーのビジネスにおける秘匿性の高い事項について厳守できる、他のメンバーのビジネスアイデアや企画やクリエイティブに対して無断で安易な表面的コピーを行わない(本人が許可した場合はもちろん構いません)など、ビジネスパーソンとしての基本的人格として一定のモラルを持った姿勢がない方は参加をお断りします。
当会の指導はスパルタです。ご自身一人で取り組んでいるときには突破できなかった課題や解決できなかった問題、超えられなかった壁を超えるために参加してください。そのために全てがあります。コミュニティの他の仲間にも是非関わっていただきたいです。ですので、座学で学ぶためだけにこの会に入るという目的の方は、向いていないと思います。いち起業家として、あるいは経営者として主体的にご自身のビジネスをクリエイトすることに対して前向きな方に来ていただけたらと思います。そのほうが、この会の意味は増すと思うのです。

過去に私のセミナー、特に大型の講演会などに参加したことがある方は、そのイメージでいると、とてもつらい半年間になるでしょう。なぜならば、小っちゃな革命の会は極めて実践的な場だからです。
もちろん無意味に辛くあたるわけではありません。ですが、基本的なスタンスとして、リアリストの視点で厳しく指導にあたっていきます。あなたが今、年商100億円企業の経営者であろうが、はじめたばかりの新米起業家であろうが、副業で自分のビジネスをはじめたいと考えているルーキーであろうが、条件は一緒です。
この学びの場にくるという時点で、私から見て、欠損している部分や、足りない部分に関しては遠慮なく指摘をします。巷によくありがちな、意味のないリップサービスや、安直なおだて文句を並べて、気持ちよくなるだけの快感中毒を増やす自己啓発セミナーではないからです。
その目的はすべて1点です。あなたが本当に「自分らしい生き方」と「ビジネス」を両立させるためです。これは、すごくワクワクする一方、簡単なことではありません。かなり集中して、高い意識で望まなければ、ライブワークを成立させることは無理です。真剣に生きること、そして素直な姿勢で学びに望まなければこのスクールに来ても、何も得るものはないでしょう。
参加費も安いものではありません。あなたに時間もお金も無駄にしてほしくないのです。
これは、とても大事なことですので、あらかじめお伝えしておきました。
今回参加される方は、その覚悟しておいてください。
小っちゃな革命の会のようなクローズド型のコミュニティでやっていくことは、とてつもなくハードで、ストイックなビジネスに関する学びと実践の連続です。驚くような視点や知見が手に入ったり、とても楽しくてワクワクする一方、ビジネスを作るわけですから、極めて現実的な視点から、あらゆる知見を総動員し、専門家としての意見をビシバシとしていきます。
取り組みの姿勢によっては、根本的にご自身の人生を見つめ直していただかなければいけない側面も出てくるかもしれません。それでも、人生を変革させて、他人に価値を提供していく道を選ぶのだとすれば、それはとても意義深い半年間となることでしょう。その気持ちで臨む方の参加をお待ちしています。

以上の条件については大丈夫!頑張るぞ!という気持ちをお持ちでしたら、喜んでみなさんの参加をお受けいたします。ぜひ、まずはお申込みいただき、入会審査にトライしてみてください。

合格/不合格に関わらず、数日以内にこちらからご連絡をさせていただきます。(線引きが微妙な方の場合、スカイプなどで改めてお話させていただき、追加審査をさせていただく場合ございます。)

なお、もちろん、審査に合格されなかった場合や、申し込み後、途中で気が変わって申し込みを辞退される場合には料金は一切掛りません。どうぞご安心下さい。

この会は、「革命」というコンセプトを掲げ活動しています。誤解しないでいただきたいのは、これは何も世の中をひっくり返そうだか、政府転覆!といった政治的な意味合いにおいての「革命」ではありません。あなたのビジネスを通じて関わる人々・・・例えば、社会に対して、あるいは業界に対して、新しい価値やメッセージを提案し、セカイを1ミリでいいから動かしたいという気持ちを「革命」と呼んでいます。

少しでもいいからビジネスを通じて世の中をさらに良い場所へ変えていきたいと願うリーダーたちとともに、私たちはこの会を立ち上げました。その願いが叶う日まで、私も一人の挑戦者として、革命家として一緒に戦っていきます。

ですが、いっぺんに支援させていただける人数には限りがあります。また、革命の会は定期的に募集をしている会員制度ではなく、年に1度程度、数日間しか募集期間がありません。

したがって、あなたが革命の会に入って学びたい、他の仲間たちとともに飛躍的な成長を目指したい!と思われても、このタイミングを逃すと入会方法がありません。確実に参加可能なタイミングは、【この瞬間】だけです。

あなたとご一緒できること、そして共に未来を創造していけることを、心から楽しみにしています。

 

 

参加費 6ヶ月間で75万円
*分割払い可(手数料ご負担いただきます)
*いずれも税別
入会金 5万円
募集人数 最大で15社(名) *残席残り3社(11月7日時点)
開催期間 2016年11月〜2015年4月末までの半年間
開催スケジュール(予定)

第1回目=11月23、24日(水、木) キックオフ合宿 @東京近郊リゾート地
第2回目=12月14(水)
第3回目=1月11日(水)
第4回目=2月15日(水) 
第5回目=3月22日(水)
第6回目=4月12日(水) +MORE

*スケジュールは原則このとおりに行う予定ですが、変更になる可能性もあります。
その場合はできるだけアナウンス致します。
*会場は原則都内を予定していますが、会期中、1〜2回程度地方都市にて実施する予定です。

原田翔太(はらだ・しょうた)

1984年生まれ。上智大学、早稲田大学中退。
株式会社ユナイテッドリンクスジャパン代表取締役
イデアパブリッシング株式会社取締役副社長
元株式会社ウィルゲート常務取締役CMO・社外取締役(2007~2012年)

肩書き=「ビジネステロリスト」と称し、出版社経営、コンサルティング会社経営、アーティスト活動、講演家、料理研究家、プロデュース活動など様々な業界を股にかけ、縦横無尽に「異世界と握手」をし続ける「まだないカテゴリ」の活動家。

早稲田大学在学中の18歳のときに大学の仲間と立ち上げた政党マニュフェスト比較サイトは、ニュース番組、新聞はじめほぼ全ての大手メディアに取り上げられ立ち上げ1週間で100万PVを獲得。

その後、英語翻訳サービスで起業。しかし全く食えず、ひょんな機会から知り合った某ベストセラー作家のゴーストライターを経て、カルチャー雑誌の出版社にて編集・ライターとして働く。その傍ら、独学でWeb制作を学び始める。「東京カフェスタイル」をはじめとし、クリエイターのマッチングコミュニティサイト、クラウド型ライフログ記録サービスなど人気ウェブサービス運営者として頭角を表し、22歳で1億円を稼ぐスーパーアフィエイターに。

その後、アフィリエイトサイト運営を通じて得た経験・ノウハウを元にWebコンサルタント業を開始。当時若者でWebコンサルタントというのも珍しかったため、20代前半で、東証一部上場企業をはじめ有名企業を顧客に持つなど、異色のコンサルタントとして人気を博す。

2006年、国内最年少記録でオールアバウトガイドとなる。2007年に経営者として創業参画したウィルゲートは、現在SEO業界2位、従業員満足度ランキング1位を獲得するなどスーパーベンチャーへと成長した。(2012年同社役員を退任)

2009年までに著書を5冊出版。ビジネス書著者としては最も多くのビジネス書を書く20代作家となる。

その後、法人顧客を主に相手にするビジネススタイルを終了し、活動をリセット。自身を「ビジネステロリスト」と称し活動を再開。対象を法人顧客から中小企業経営者、街の商店主、一般個人や、学生まで無制限に拡大し、「古くて寝ぼけた業界に、新しいカテゴリを生み出す」をテーマに、あらゆる分野で、「小っちゃな革命」を起こす/支援をする活動をスタートした。

2011年より「創造的破壊プロジェクト」を開始。2年間の活動で5万人のオーディエンスを巻き込み、マーケティング系通信講座「Syncronicity」を主催。マーケティング系通信講座としては日本の最大の4500名の会員を有する一大プロジェクトとなった。

2012年、フォレスト出版編集長であった長倉顕太が合流する形で、和佐大輔と共に自身の出版社「イデアパブリッシング」を創業。「大人の大学」を開講。

個人名義でも音楽活動を行うクリエイターとして、2013年ビクターエンターテイメントよりメジャーデビュー。サザンオールスターズやきゃりーぱみゅぱみゅなどのトップアーティストを抜き、Amazon総合ランキング1位を獲得(音楽ランキング)するほか、オリコンランキングでも上位チャートインを果たした。「異世界と握手」をテーマに掲げ、ジャンルを超えた横断的な活動をしている。合言葉は、「勇気と信念!」

■著書一覧■

何度も繰り返しになりますが、今回の募集は15社(名)しか参加する事ができません。先着順(審査通過をした方順)です。

実は今回の先行案内だけでこの定員の何倍もの人が、今回の案内を希望されている状況です。ですので、「小っちゃな革命の会」へ参加したい場合、今すぐに審査申し込みフォームに記入をし、エントリーすることをおすすめします。

審査は「落とすための審査」ではありません。基本的に希望されている方に「小っちゃな革命の会」に是非入りたいという意思があり、特に問題がない場合、原則的に審査は通過とする予定です。

ですが、「この方は手を抜いているな・・・」と判断した場合や、「どうも、いい加減なスタンスでこられているな・・・」と感じた場合などは、入会をお断りすることがあります。入会後はかなりのスパルタ指導を行っていきますので(もちろん参加者の方のビジネスを大きく成長させるためにです)、そういった実践の場で他の仲間に対して悪影響が出る場合は参加をお断りする場合があることを予めご了承ください。

なお、定員以上になった場合は、他の審査合格者とのバランスを考え、総合的に判断し、合否決定を致します。審査の結果についての理由如何についてはお答えしかねますのでご了承ください。

(実際に0期を開講した際に寄せられた質問です。)

Q:内容についていけるか不安です

A:内容は非常に高度なレベルまで扱いますが、決して難しいものではありません。現に、前期開講時にも、マーケティングの勉強を全く勉強をしたことがなかった音楽系の会社社長(60代の高齢の女性経営者です)や、同じ全くビジネスの勉強をしたことがなかった起業準備中の男性(20代中盤、介護士)もいましたが、最後まで付いてくることができました。私の授業はかなりハイレベルな内容まで扱いますが、きちんと聞いていてもらえればついてこれないような難しいものではありません。シンプルに、どうすればいいか?まで落とし込んで説明しますので、初学者であっても全く問題はありません。安心して参加してください。ただし、ご自身でも努力をして、学び取るんだ!という気持ちでやらなければ、何事も身につくというところまではなかなかいきません。ぜひその点は意識して臨まれてください。

Q:参加して変われるのか?変化が継続するのか?不安です

A:逆にいえば、参加して変わらなければ、この会にはいられないでしょう。この会は、全員が当事者で、参加者です。仲間が激変していくのを目の当たりにして、そして「そういう仲間しかいない」環境の中にいて、自分だけが変わらないというほうが難しいのです。人は環境によって大きく左右される生き物です。「誰といるか」で、価値観から、行動パターンまで180度がらりと変わる生き物なのです。そしてもう一つ、「革命」とは、まず他人に対する革命の前に、自分自身の革命から始まります。

Q:参加できない日があるのですが・・・

A:参加できない日があっても大丈夫です。参加される方の9割は起業家・経営者ですから、何ヶ月も先にすでにスケジュールが入ってしまっているという場合があるかと思います。以前、スケジュールの関係からどうしても全日程の3分の1程度参加できないという方がいましたが、最後まで受講を続け、大幅に業績アップを果たされました。全てを聞かなければ理解できないというタイプの講義ではありませんから、来れる日程に来ていただければ大丈夫です。

Q:どのような方が参加されているのですか?

A:まだ0期目しか運営していない状況なので、実例は少ないですが、参考までにこのような方が参加されていました。

税理士事務所経営、整体院経営、輸入転売会社経営、デザイン事務所経営、レコード会社経営、語学スクール経営、コーチング事務所経営、貿易会社経営、フィットネス事業経営、プロモート事業経営、クリーニング代行/教育事業経営、歯科医・・・etc

過去に運営してきたコミュニティでもこのようにかなりバラエティに富んだ超党派・異業種混合の経営者勉強会です。すでに起業されている方は全体の90%以上ですが、現在起業準備中や企業のための勉強中といった方も受け入れていますので、やる気があれば喜んで受け入れておりますのでご安心ください。

Q:受講資金が厳しいのですが・・・

A:1時間あたりで考えてみると非常にお得です。通常の対面コンサルティング(スポット)の場合、1時間で10万円をお支払いいただいています。そう考えると、革命の会は非常にお得だと判断していただけるかと思います。

Q:今が参加するタイミングかわかりません

A:基礎は偉大です。知ったタイミングから全てが変わります。原理・原則を学ぶということは本当に偉大なのです。土台さえできれば、後から何を学んでも効果が何倍にもなります。応用がいくらでも利くようになります。しかし、基礎部分はなかなか意識しなければしっかりとした量・質をもって学ぶことはできません。そう考えてみてください。自分のビジネスに大きな土台となる「基礎」を作らなければいけないと感じているのであれば、この会は良いタイミングになると思いますよ。

Q:別料金はかかりませんか?

A:このページでご案内しているイベントに関しては、基本的に全て受講費にインクルードとなっておりますので別途負担はありません。ご安心ください。ただし、集まりの際に飲食費、宿泊交通費などかかる場合は実費負担ですのでそこはご了承ください。課外授業などの際は旅行をしたりといったことも過去ありますが、気乗りしない場合は強制参加ではありませんのでパスしていただいても結構です。ただ、楽しいと評判ですのでぜひご一緒できたらいいなと思っています。

私たちは、メディアで注目を集めるようなぴかぴかのITベンチャーのような煌びやかなスタートアップではないかもしれない。

大企業のようにゆたかな資源を持ち、何千人もの従業員がいるわけではないかもしれない。

私たちの働く場所は、立派な、きれいなオフィスではないかもしれないし、
高学歴の優秀なエリートたちが手を上げて就職を希望してくれるわけでもないだろう。

何か特別な既得権益を持っていたり、強力な人脈がいるわけでも、パトロンがいるわけではないかもしれない。

・・・だが、私たちのやっていることは決してダサくはない。

なぜなら、私たちは「小っちゃな革命家」なのだから。

私たちは、私たちにしかできない仕事をしよう。

この世に、自分しかできない仕事で違いを生み出そう。

他人がなんと言おうと、私たちは、誰にも理解されないことに、
人生をかけて取り組もう。

「ださい」、「しょぼい」、「あやしい」
色々なことをいう人たちがいるだろう。

私もそう言われてきたし、きっとこれからも言われると思う。
どんなに心を尽くしても、埋めがたい溝はこの世界には存在する。

だから、笑いたいやつには笑わせておけばいい。

その代わりに、私たちは、私たちの信じた
それぞれのセカイを生み出していこう。そんな仲間たちと共にやっていこう。

ここには、そんな同じ志を持った同じ革命家たちが待ってる。

人生は一度きりだ。

どうせなら、誰にも真似できないことをやって、死のう。

革命の会で、私たちと一緒に小っちゃな革命を起こしてみないか?

1ミリでいい、セカイを動かそう。

あなたと出逢えることを、今から楽しみにしています。

原田翔太